みにくい肉割れ、その原因はコレ | 肉割れの原因とは?
肉割れの原因とは?

みにくい肉割れ、その原因はコレ

肉割れの原因とは? > 原因を知る > みにくい肉割れ、その原因はコレ

「肉割れ」と聞くと、なんだかとても恐ろしい状態のような印象を受けますよね。肉割れとは、急激に太ったりした場合、皮膚がその成長に追いつくことができずにムリに引っ張られてしまうことで皮膚の皮下組織が壊れ、肌にひび割れのようなスジが出来てしまうことです。

皮膚が柔らかく脂肪のつきやすい部分にできやすいので、お腹や太もも、お尻などによく見られます。妊娠した時に妊婦さんのお腹や胸にできやすい「妊娠線」も、肉割れの一種。

肉割れそのものは、痛みや不快感があるわけでもなく、見た目が悪いという問題だけなのですが、「一度できてしまうと完全には消えない」といわれている、やっかいなシロモノです。

肉割れは予防が第一。まず、原因を知ろう

m004-035

出来てしまってからでは遅い「肉割れ」。ならば、原因を知り尽くして予防に努めるしか手だてはありません。肉割れの原因としては、

  • ストレスによる暴飲暴食、不規則な食生活により急激に太ってしまった
  • 妊娠により急激に太ってしまった
  • 無理なダイエットをした結果、急激にリバウンドしてしまった
  • 運動不足による血流の悪さで、皮膚の柔軟性がなくなってしまった
  • 皮膚が乾燥して柔軟性を失い、急激な変化(皮膚の伸び)に対応できない

などがあげられますが、とにかく、肉割れの原因は「急激な体重増加」にあります。日常のストレスによって食生活に悪影響が出ると、体重の増加につながりやすくなりますので、生活習慣を整えることは肉割れ予防の基本です。

また、体重の増加とともに気をつけなければならないのが、皮膚の乾燥。潤いのなくなった皮膚は硬くなり、壊れやすくなりますので、常に皮膚を保湿しておくことがとても重要になります

肉割れ予防には、まず乾燥対策

急激な体重増加によることが肉割れの大きな原因なら「太らないように気をつけること」が大切なのはもちろんですが、妊娠など、体重増加が避けられない場合もありますよね。そんな場合は、まず肌の乾燥を防ぐことを徹底しましょう。

妊娠中の女性でなくても、太らないような生活習慣を続けながら肌の乾燥対策を行えば、肉割れ予防にとても効果的です。しっかりと保湿された肌は、体の変化に合わせて柔軟に伸び縮みしますので、肉割れも起きにくくなります。

肌の乾燥を防いで保湿する方法としては、まめに予防クリームなどを塗ってケアすることがいちばん。普通のボディクリームやボディローションを使用するのでも問題ありませんが、肉割れ予防専用のクリームやローション、オイルなどは保湿効果にとても優れているので、専用のものでケアするほうが肉割れ予防がより効果的に行えますので安心です。

肉割れ予防クリームの効果的な使い方

肉割れを予防するクリーム等は、乾燥が気になるときに、その都度塗ってかまいません。塗りすぎて肌に悪影響を与えることはありませんので、安心してたっぷり塗りましょう!

ただ、お風呂上がりの肌には、忘れずに塗るようにしてください。入浴後は肌が潤っているように感じてしまいますが、実は、お風呂上がりの肌はとても乾燥しやすいのです。

お風呂上がりで血行がよくなっている時にクリームで丁寧にマッサージしてあげると、皮膚の新陳代謝も上がりますので肉割れ予防にとても有効です。憂鬱な肉割れができないように、毎日しっかり、専用クリームでの保湿ケアを習慣づけましょう。