肉割れ、できてしまったら手遅れなの? | 肉割れの原因とは?
肉割れの原因とは?

肉割れ、できてしまったら手遅れなの?

肉割れの原因とは? > 良くある質問 > 肉割れ、できてしまったら手遅れなの?

20141018130226-90S

一度できてしまった肉割れは、完全に消すことはできない。一般的にそう言われている肉割れですが、できてしまったら本当に、もう手遅れなのでしょうか。

ズボラでケアを怠ってしまった方はともかく、毎日しっかりケアしていたつもりでも、なにかが原因で肉割れができてしまうことはあります。予防はあくまでも「できるだけ、発生する確率を低くする」ということなので、絶対に防げるということではありません。

残念ながら、肉割れは確かに「完全に消すこと」はできません。しかし、「限りなく消えたように目立たなくすること」は可能なのです。肉割れができてしまったと落ち込んでいないで、「限りなく目立たなくすること」を目標に、すぐにケアを始めましょう。

自分でできる、肉割れ解消ケア

肉割れを解消するためのケアは、予防の時と同じように、保湿ケアが大切です。肉割れが起きる原因のひとつが肌の乾燥ですが、肌が乾燥し始めると、かゆみを伴います。

お腹まわりや太ももがかゆくなってきたら、それは肉割れの前兆であると考えましょう。そして、かゆいからといって、絶対にかいてはいけません。かきすぎてしまうと肉割れの線がさらに目立ってきますので要注意です。

かゆみを感じたら、かかずに、ボディスクラブクリームでマッサージするのがおすすめ。スクラブで古い角質を取り除いたあとは保湿クリームをたっぷり塗ってください。

ただし、スクラブケアは肌に負担がかかるので、週に1~2度に。それ以外は、入浴後に保湿クリームをたっぷり塗ってやさしくマッサージするケアを毎日続けましょう。

肉割れを限りなく目立たなくするために、肉割れ解消ケアをしっかりがんばってくださいね。