妊娠線予防クリームのおすすめは?

妊娠線予防を怠れば、お腹が大きくなるにつれひび割れてしまう妊娠線(ストレッチマーク)。美しさを保ちたい女性にとって悩みの種ですよね。クリームを使うことで予防できると言っても、結局のところどれがいいのか分からない。

「おすすめの妊娠線予防クリームを誰か教えて!」と思っているのでは?

そこでどんなクリームがあるのか、どんな違いがあるのか調べた上で、おすすめのクリームを3つに絞り、特にコストに注目してランキングしました。

giyaku

おすすめクリーム ランキング

ストレッチクリーム

純国産で無添加だから安心して使える上、妊婦さんに嬉しい葉酸まで入っているのに驚きの価格を実現。100人の女性の声から生まれた妊娠線予防クリームです。

一日あたりの価格は、93円。3個セットなら83円。

ストレッチクリーム公式HP
http://464981.com/

ベルタマザークリーム

葉酸だけでなく、オーガニック成分を使い、美容成分であるスーパーヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンまで入った女性に嬉しい予防クリームです。

1日あたりの価格は、約215円。定期なら約130円。

ベルタマザークリーム公式HP
https://belta-shop.jp/

NOCOR

圧倒的な浸透力を生み出すビタミンC誘導体を使用。その浸透力は従来の200倍。それだけではありません。原材料にもこだわりアルコール、鉱物油、界面活性剤や合成着色料といったものは一切使っていません。コスメ原材料アワードを受賞したクリームです。

1日あたりの価格は、232円。2個セットなら209円。

NOCOR公式HP
http://www.mow-shop.com/

妊娠線のケアは妊娠初期から!

妊娠線の出る時期には個人差がありますが、お腹が急激に大きくなり始める妊娠中後期(妊娠7~8ヵ月頃)に最も出やすいです。

もちろん、妊娠初期から出る場合ありますので、まだ初期だからと油断は禁物。妊娠線はできてからでは遅いのですから、妊娠線予防のために妊娠がわかったらすぐに予防クリーム等でのケアを始めましょう。

TOP01

妊娠線を予防するには皮膚の保湿が一番重要。乾燥により肌にうるおいがなくなると、皮膚は柔軟性を失い、皮膚の急激な伸びに対応できずに亀裂ができやすくなるのです。

特に入浴後は、肌の乾燥が急激に進みますので、お風呂上がりには時間をあけず、すぐにたっぷりとクリームを塗りましょう。

普通のボディクリームでも代用できますが、専用の妊娠線予防クリームは保湿効果が高く、妊婦さんの体にやさしい成分になっていますので、妊娠線の予防を一番に考えるなら専用の妊娠線予防クリームを使用するのがおすすめです。

クリームの効果的な使い方

joemdcd

妊娠線をできにくくするためには専用の妊娠線予防クリームでのケアが重要になってきますが、クリームはどのように使用すればよいのでしょうか。

専用の予防クリームは決してお安いものではありませんので、買ったからにはより効果的な使い方を知っておきたいものですよね。

・たっぷりの量をぜいたくに塗る
妊娠線予防クリームを塗るときは、「もったいない」という気持ちを捨てましょう。高いから、と少量にケチってしまうとせっかくの効果が得られないこともあります。皮膚が乾燥すると妊娠線ができやすくなってしまいますので、十分に保湿できるように、クリームはたっぷりと使ってあげましょう。
・朝と夜の1日2回塗る
予防のためには肌が乾燥しないようにすることが最も重要なので、こまめに妊娠線予防クリームを塗って、常に保湿の状態にしてあげるのがベストです。中には2時間おきぐらいに塗る、という熱心な人もいますが、一日じゅうこればかりを気にしているわけにもいきませんので、朝と夜の1日2回、ケアタイムを設けてしっかりと塗りましょう。特にお風呂上がりは肌がすぐに乾燥してしまいすので、入浴後5分以内に塗るように心がけてください。
・下から上に、やさしく塗る
お腹の場合、まずおへそのまわりを、まるく円を描くように塗ります。そのあと、下腹部から上にむかってやさしくなでるように。胸の場合は、乳房の外側から内側へ、半円を描きながら持ち上げるように塗ります。乳房はあまり刺激しすぎると子宮の収縮に影響することがありますので、よりやさしくマッサージしながら塗るようにましょう。

妊娠線予防クリームで対策を

妊娠したらほとんどの女性が悩むことになる「妊娠線」。

妊娠線は、赤ちゃんの成長とともに急激に大きくなるお腹に皮膚の皮下組織がついていけずに避けてしまうために起こってしまう症状で、赤紫色の細い線状の斑がお腹や胸、お尻などにできてしまいます。

TOP04

妊娠線は見た目もちょっとグロテスクなので、自分の肌にできてしまうと憂鬱になりますよね。

一度できてしまうと消すことが難しい妊娠線は、できる前にクリームなどで妊娠線予防をして、妊娠線をできにくくすることが重要です。

そもそも妊娠線とは?どうして出来るの?

TOP03

子供を産んだ方の多くが悩む事としては、知らない間に妊娠線ができてしまうという点です。妊娠線とは、急激に太った方などが肉裂けを起こす事がありますが、原理的にはそれと同じです。

妊娠中期から後期のわずか3~5ヶ月の間は急激にお腹が大きくなってくるものです。もちろんどれくらい大きくなるのかは個人差がありますが、そういった急激にお腹が大きくなることで、皮膚の伸びが付いていけなくなってしまい、裂けてしまう現象です。

裂けると言っても、血が出るというものではなく、正中線上に線を引いたように茶色く痕が残ってしまったり、時には稲妻のように裂けてしまうことがあります。

妊娠線ができてしまうのは、急激にお腹が大きくなる事の他に、ホルモンバランスが乱れてくる事で肌が乾燥して皮膚が伸びにくくなってしまうことも原因です。だから妊娠線予防が大切なのです。

出産すれば消えるの?

妊娠線は出産が終わったら消えてしまうのか、というとそう言う訳ではありません。むしろ伸びてしまっていた皮膚が一気に緩むので、逆に妊娠線がくっきりと濃くなってしまうこともあるのです。

もちろん、時間の経過と共に徐々に薄くなっていく事はありますが、そう簡単に消えてしまうことはないでしょう。

TOP02

医療機関に行ってレーザー治療をすることで目立ちにくくする事は出来るかもしれませんが、基本的には放っておいて消えてしまうものではないのです。

ですので、妊娠線はできてしまったらどうするか、ではなく妊娠線ができないように妊娠線予防をおこなう事が大切になります。

その対策としてはあまりお腹が大きくならないよう、体重増加に気を付けることも大切ですが、体重があまり増えなくてもお腹が出てしまうタイプの方はいます。

ですから体重増加に気を付けつつも、しっかりと肌の保湿をしてあげて皮膚を柔軟にしておくことも妊娠線予防となります。

もちろん、それでもできてしまう場合はありますが、やはり何も対策をしないよりは症状が軽くなるでしょう。

ただ、お腹が大きくなってくるとクリームやローションを塗るのも大変になってきますし、自分では見えない部分に妊娠線ができてしまう事もあります。ですので、旦那さんにも協力してもらうことも重要でしょう。

妊娠線予防クリームは妊婦になったら必要不可欠

妊娠線をケアしている妊婦さんは実に89%と多く、していない人に比べると圧倒的に多いのです。そこで妊娠線はできたかどうかというと、これまた出来た人と出来なかった人に分かれます。

これは妊娠線予防クリームをいつから使い始めたかによりますし、どこに妊娠線ができやすいのか事前にチェックしておく必要があるのです。

emdilco

お腹が大きくなってからクリームを塗るのは遅すぎますし、「お腹が少し膨らんだかな?」くらいから塗り始めるのがベターでしょう。保湿効果がしっかりあり、口コミなどで評価の高いものを選びましょう。

クリームならどれでも良いと言うわけではないのです。しっかり皮膚に柔軟性を与えてくれるクリームでなければ塗る意味がありません。

妊娠線ができる場所は「え?」と思うような場所

妊娠線ができる場所も、妊娠線予防クリームを購入する前、使う前に知っておきたいところです。皆が油断するのが、お腹の下、鼠蹊部のあたりです。

rhnepfw

太ももの付け根を言いますが、ここもかなり妊娠線ができやすいので注意が必要です。出産してから気づいたという人も大勢いますから、どこにどれだけ妊娠線ができやすいか、ということも合わせて考えていきましょう。

妊娠線予防クリームは浸透性があり、保湿力が高いものを選ぶこと、無添加で赤ちゃんの安全を考えているものもよいでしょう。

また臭いなどつわり時でもケアできるよう無香料のものを選ぶ必要があります。もしくは、つわり時でも心地よいと感じられる香りのものを選びましょう。

これをチェックしておけば、まず妊娠線予防クリーム選びに失敗しません。

臨月に入るとあっという間にできる妊娠線

臨月に入ると、あっという間にできてしまうのが妊娠線。今まで大丈夫だったから、もう安心、と思っていたら、まだまだお腹が大きくなってくるのです。

実際、8か月、9か月はお腹は大きいですが、そこそこです。どーんと一気に膨らむのが9か月目くらいの臨月に入ってからと言われています。

ですから臨月に入って1日2日妊娠線予防クリームを塗るのを忘れると、その時点であっという間に妊娠線ができてしまう恐れがあります。

phecsse

塗るタイミングとしては朝と晩の1日2回でよいでしょう。しかしたっぷりの量を使って塗りましょう。ケチケチ塗っていては意味がありません。

臨月近くなるとお腹も大きくなり重くなるので、日によっては3回、4回と塗るタイミングを増やす必要があります。

保湿力があり無添加であること、コストパフォーマンスも考えて

妊娠線予防クリームを選ぶ基準として最低限のものをあげるなら、保湿力で無添加というところでしょう。赤ちゃんのためにも無添加のものを使うと安心できますし、自分自身も安心して使うことができます。

decimasec

ブランドのものを使うのもよいですが、妊娠に特化したブランドのものを選ぶようにするとよいでしょう。

またコストパフォーマンスについても良いものを選びたいですね。妊娠4ヶ月頃のまだふっくらお腹が大きいかな?というときから塗っていくので、続けなければこれも意味がなくなります。

妊娠している時期だけですから、多少値段が高くてもそれ相応のものを選ぶようにしましょう。早めに妊娠線ケアをしておいて、産後お腹がひび割れ状態にならないためにもクリーム選びは必須です。